HEXAMOON GUARDIANS 漫画版

『HEXAMOON GUARDIANS』の漫画版です。ゲーム発売に先駆けて『電撃大王』で連載された作品で、キャラクターデザインを担当している鈴木典孝が作画を担当しています。

f:id:inesperopero:20160310001045p:plain

もうひとつの異世界と帯に書かれている通り、ゲームとはまるで違う展開や世界設定になっています。こちらの方がよりハードな印象。

プリンセスは龍の怒りを静めるための人身御供。

敵の軍勢が謎のロボット集団で、星の全てを焼き捨て鋼鉄へ変える存在。

主人公は人間として仮初の16年間を過ごしたドルガイヤー……などなど。

f:id:inesperopero:20160310001849p:plain

f:id:inesperopero:20160310004042p:plain

立ち位置から性格までガラリと変わっていて面白いです。特にカグヤはゲームの方では終盤に加入してロクに掘り下げられることもなく、そのまま最終決戦という不遇っぷりだったので、最初期から登場して嫌味を言って相手を怒らせたりアクションを起こしている姿にちょっと感動。

ゲームだと落ち着いた感じの17歳教ボイスですが、漫画版だとボイス違うでしょうね。なんか……この人……なんかな……って感じだし。

f:id:inesperopero:20160310005532p:plain

最終回は、睦に必ず勝って帰ると約束して異世界へ飛んで終了。

甲乙つけがたいですが、ギャルゲー的に考えると漫画版のほうが優れているでしょうね。

敵対したプリンセスを順に仲間にしていく方針だったゲーム版では、加入順で描写や扱いにかなり差が開いちゃっていましたし。全一巻にまとめる為にスムーズに全員加入させたこちらの方が物語や攻略対象に広がりが感じられました。

こちらの設定で制作したゲームもプレイしたかったです。

f:id:inesperopero:20160310005910p:plain

『ヘキサムーン・ガーディアンズ』に明るい人ならこんな設定も有り得たんだーって感じで楽しめますし、単純にイラストが可愛いので知らない人でもそれなりに満足出来る漫画です。買い集めてドミノにして遊んじゃいましょう。

ヘキサムーン・ガーディアンズ (Dengeki comics EX)

ヘキサムーン・ガーディアンズ (Dengeki comics EX)