読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超次元アクション ネプテューヌU

ゲーム ネプテューヌ

『激次元タッグ ブラン+ネプテューヌVSゾンビ軍団』がそろそろ発売されるので、発売日に買っておいて積んでいた『超次元アクション ネプテューヌU』をプレイしました。2014年にコンパイルハートから発売されたねぷねぷアクションゲームで、激次元タッグとは同ジャンルになります。激次元は、正しくはねぷねぷマルチアクションゲームですが。

f:id:inesperopero:20151013234038j:plain

女神はクエストに支配されている――そんなプロローグから始まる本作。クエストという名の労働を課せられている四女神たちのもとに特集を組みたいので取材をさせてほしいとやってきたゲイム記者のために一肌脱ぐお話です。

f:id:inesperopero:20151014000437j:plain

そんな訳で、ゲイムギョウ界の人々から寄せられたクエストに挑むことになります。物語はあってないようなもので、基本的には「WORLD」画面でクエストを受注してはそれらを消化するというものです。クエストに参加出来るのは最大2名、片方が倒れても時間がたてば復活して交代可能になったりとユルい印象を受けます。ゲームとして近いのはvita版の閃乱カグラですね。開発元が一緒ですし、狙っているんでしょうが。

~閃乱カグラ ESTIVAL VERSUS -少女達の選択-

~閃乱カグラ ESTIVAL VERSUS -少女達の選択-

 

f:id:inesperopero:20151014002241j:plain

f:id:inesperopero:20151014002006j:plain

一肌脱いじゃいます!

プレイした印象としては正直爽快感よりも面倒臭さが勝りました。カグラと比較するとエリアルコンボでズバズバやれず、地上でひたすら草刈をするように棒立ちのモンスターを狩りまくるだけなので単調で眠くなります。その癖、ミッションクリア条件として提示される討伐モンスター数の多いこと多いこと。

アクション面以外でも、麻痺をくらうと何も出来ずにボコられてそのまま倒されてしまったり、ローディングが頻繁でしかも結構長かったりとユーザフレンドリーではありませんでした。

そんな訳で、ゲームとしての評価はあまり高くありません。ねぷ信者の私としてはまあコンパイルハートだし……で済みますし、好きなキャラクターが動いているだけで結構楽しめていますが、シリーズに愛着を持っていない人間にオススメ出来る作品かというと、まあ、うん……って感じ。

Q「このゲームおもしろい?」

A「かわいいよ」

これが全てですかね。

f:id:inesperopero:20151014005544j:plain

かわいいよ! かわいいといえば雑誌記者のふたりも結構可愛かったですね。特にデンゲキコちゃんは電撃文庫ネタがモーションに取り入れられているので操作していて面白いです。ファミ通ちゃんはあんまり……って感じでしたけど。デンゲキコちゃんを優遇しすぎたせいでファミ通での評価が芳しくなかったのでは……?

f:id:inesperopero:20151014010006j:plain

f:id:inesperopero:20151014010802j:plain

このふたりを操作出来るのが一番のセールスポイントでしょうね。激次元タッグでも使えることは黙っておきましょう。