-艦これ- 第04話 「私たちの出番ネ!Follow me!」

f:id:inesperopero:20150215113729j:plain

いやー、のっけからキツいっス。あの天使のような睦月ちゃんが波止場で呆然と体育座りをしているのをみるとディオメディアの壁に人糞塗りつけてやりたくなります。やっていいことと悪いことの区別がつかないんですかね。ちなみに建物に人糞を塗りたくるのは悪いことです。多分。

f:id:inesperopero:20150215114559j:plain

f:id:inesperopero:20150215115339j:plain

如月ショックでいまいち授業に身が入らない駆逐艦ズ。睦月ちゃんが空元気を出そうとしているのが痛々しい。こんな状況ですが、吹雪ちゃんと島風ちゃんに特別任務のお達し。金剛姉妹と任務を致すことに。

f:id:inesperopero:20150215131324j:plain

f:id:inesperopero:20150215131332j:plain

「あの人も、格好良かったなー」

お尻が軽い女、トップヘビー吹雪。

f:id:inesperopero:20150215132425j:plain

f:id:inesperopero:20150215132432j:plain

冷めやすい女、吹雪。

f:id:inesperopero:20150215143804j:plain

f:id:inesperopero:20150215174343j:plain

まあ、そんなこんなでキャラソンを販促をする金剛先輩に振り回されつつも任務達成。危うく轟沈しそうになった吹雪ちゃんの窮地を救った挙句、へたり込んだところを抱きしめたりと先輩っぷりを遺憾なく発揮してくれました。

帰投後、金剛先輩とのハグから何かを学んだのか睦月ちゃんをハグ。

f:id:inesperopero:20150215185704j:plain

わんわん泣く二人。あー駄目駄目おぢさんこういうの弱いの。

次の日の朝、睦月ちゃんの様子をみるも寝床にいないことにしょんぼりする吹雪ちゃんですが睦月ちゃんは波止場ではなく、部屋のなかにいました。

f:id:inesperopero:20150215195249j:plain

「吹雪ちゃん」

f:id:inesperopero:20150215200121j:plain

「おはよう」

f:id:inesperopero:20150215200333j:plain

「おはよう」

そんな訳で如月ちゃん轟沈の次の回でしたが、4話冒頭の時点で轟沈から数日立っており、轟沈を受け止められずに立ち止っているのが睦月ちゃんだけという状況はツラかったですね。主人公の吹雪ちゃんですら轟沈した如月ちゃんよりも睦月ちゃんに対する心配がウェイトを占めていたのが何とも。もっと悲しむか非情な職場をアピールするかしたほうが……。

とはいえ、お互いに如月ちゃんの轟沈を受け止めてわんわん泣くシーンは結構キマしたなあ。その後の「おはよう」もなかなかの名シーンだと思いましたですよ。まあかなり好意的なもうそ……脳内補完が必要なのが残念ですが。