読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幼なじみは大統領

メガストア』付録の『幼なじみは大統領』プレイ。まとまった時間が取れなくてまったく物語が進まない……ここ最近は眠くて眠くて意識が朦朧状態でひたすらクリックしている感じ。こんな状態でもゲームをしている自分のファイティングスタイルには涙が出るね。ここ数年買うだけ買って積んでいた自分に見習わせたい。ただ、このプレイスタイルには欠点がある。いまいちシナリオを理解出来ないこと、脳内で変な補完をしちゃう危険が危ないところだ。

記憶のなかではボイス付きだったのに、日を改めてプレイするとボイスが流れなくて「???」ってなって仕様を確認するとボイスなしだったことが何回もあった。

「このゲームおかしいよ」

「おかしいのはお前だ」

こんなやり取りを何度したことか……近隣住人の密告でロボトミー手術を受けるたびに、自分に対する信頼感が失われていって、熟睡のち覚醒状態でのゲームプレイを心掛けてきた。そしてどんどんゲームを積んできた。でも、『幼なじみは大統領』をプレイしてちょっと思った。俺がおかしいのはプレイスタイルの問題ではなくて、宇宙人に記憶を改竄されたからじゃないかって……!

f:id:inesperopero:20150122010336p:plain

そんな訳で、『幼なじみは大統領』。

地球との友好関係を築こうと宇宙からやってきた異星人の宇宙船が墜落。それによって新本の首脳陣は全滅。こいつあヤバいぜってことで、高度な科学技術を持つ異星人は首相たちを蘇生させる間のつなぎとして主人公の幼なじみを大統領に仕立て上げ、地球人を洗脳してしまう。

異星人に改変される以前の記憶を残していた主人公は、異星人と協力関係になり、大統領となった幼なじみをサポートするのだった……。

取り敢えず、掴みはオーケー。宇宙人なら何をやってもしょうがない。

基本的には悪ノリ全開のバカゲーなので、肩の力を抜いて楽しめる。大統領要素は良くも悪くも薄め。出てくるキャラクターが学生ばかりなので『幼なじみは生徒会長』でも違和感はない。パロディネタと少年漫画誌のサービスシーン的なイベントでぐいぐい引っ張ってくれる萌えゲーといったところ。

f:id:inesperopero:20150122014402p:plain

幼なじみとして初手から主人公にLOVEな雪乃と、運命的な出会いを果たしたプーちんとで主人公の取り合いがメイン……なのか? あとは宇宙船のメンタルモデルと蘭姉ちゃんがヒロインっぽいのだがどうなんだろう……蘭姉ちゃんはパロディネタなんだろうが名前が足を引っ張っている。

今のところは好印象。あとはプレイ時間が短ければ最高なのだが。

幼なじみは大統領 美少女 PC ゲーム