読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ版神姫フィギュア 受付期間・発送延期

www.tbs.co.jp そろそろ受付終了期間だから注文しないと……と思っていたら延期されていました。本当に増産しなきゃならんほどの応募が来ているのか怪しいんですけど。BOXの売り上げから考えると、注文が少なすぎて延期せざるを得ないのでは……と疑ってしまいま…

武装神姫 第13話「Install x Dream」

「えーっと、鮪、鱸、鰒、鱈、鰹、鱚、鯛!」 フロントライン社の定期メンテナンスを受けに来たアン。付き添いのアイネスとレーネが待ちくたびれる中、身体の隅々まで精密に検査されます。ようやく検査が終わって出てきたアンは、なにやら様子がおかしくて………

武装神姫 第12話「さよならは言わないで」

「その名前で呼ぶな」 ヒナの誕生日当日、誕生パーティの準備や予行演習に追われていた神姫たち。何故か朝から姿を現さないストラーフを探しているとモニターの落選通知をみつけます。 家出を疑う神姫たちでしたが、アンが落選通知の宛名が理人くんであるこ…

武装神姫 第11話「今夜決定!最強神姫は誰だ!?」

「合言葉をいえ……山!」 「海だ水着だ温泉だ」 神姫たちの秘密の密会。ヒナが家に来てまもなく1年。つまりヒナの誕生日。みんなでこっそりサプライズ誕生パーティの計画を立てようとします。が、何故かいる当の本人。合言葉まで決めて頑張ったのに……ガックリ…

武装神姫 第10話「クリスマスソングを君に」

「あのダウンジャケット着たら、絶対格好良いよぉ~」 街が華やかなイルミネーションに彩られるクリスマスシーズン。神姫たちは理人くんへのプレゼントを買うべく神姫用のアルバイトを始める決意をします。 「え? 経験神姫に限る? はぁ、これも駄目……」 働…

武装神姫 第9話「レーネの地下帝国ウォーズ」

救世主は、希望の言葉とともに現れ…… 赤き君を抱きて、金色の雪の中、立ち上がらん 「救世主様、どうか我々にご加護を……」 「大丈夫、私は伝説を信じてる……」 「ありがとう その一言で フル充電」 神姫川柳大会をしている神姫たち。彼女達のもとに理人くんか…

武装神姫 第8話「ある日どこかで」

「若輩者の御主にわしが討てるかな?」 冒頭、ちょんまげ危機一発で遊ぶ神姫たち。他の神姫たちが遊びに参加しているなかアイネスだけは遊びに参加せずにこそこそと何やら怪しい小瓶を抱えています。アイネスが持っていたのは「オオキクナール」というラベル…

武装神姫 第7話「訪問者は雨音と共に…」

真夏のある日。厳しい猛暑の中で神姫たちはすっかり参ってしまいます。 「このままだと、一番大事なところが熱暴走してしまうのです」 マスター不在のためエアコンを自重している神姫たちは涼しさを得るべく行動を開始します。冷蔵庫にはいったりお化け屋敷…

武装神姫 第6話「アテンションプリーズ! 当機は地獄へ参ります」

沖縄旅行を満喫した神姫たち。帰りの飛行機を待っているなか、お土産を買い込んだアイネスが盛大に転倒してしまいます。荷物をぶちまけたアイネスを助けてくれたのはキャビンアテンダントの神姫。その佇まいから一同は職業神姫に憧れを抱きます。 「もし今か…

武装神姫 第5話「渚の水着アーマー」

「青い海、白い砂浜……」 「わきあがる入道雲」 「完璧な沖縄の海だ!」 沖縄の海にやってきた神姫たち。冷たいアイスを食べてキーンとなったり幻想的な海の世界を堪能します。そんなアン達をみてヒナはぬるいと不満げ、「わたしはわたしで楽しませてもらう」…

武装神姫 第4話「レースだョ! 公園一周」

梅雨のシーズンを迎えたある日、マスターのために湿気の多い浴室を徹底的に清掃することにした神姫たち。しつこいカビはお酢を使えばよく落ちるそうだとお酢の入ったビンを持ってきたレーネですが、うっかり転んでしまいお酢だらけになってしまいます。 物音…

武装神姫 第3話「激突! バトルトライク」

第3話「激突! バトルトライク」です。引越しから丁度一ヶ月、ストラーフもアン達との生活にすっかり馴染み、銃口を顔面に向ける程度には仲良くなりました。そんな彼女たちがマスター不在中にテレビをみていると1話で登場したクララがやってきます。 相次ぐ…

武装神姫 第2話「隠し味は硝煙の香り」

前回のあらすじ。 謎の箱を開いたらストラーフ型の神姫さんがでてきた。 第2話「隠し味は硝煙の香り」です。基本的に武装神姫は1話完結なのですが、今回は最初で最後の前回のあらすじが流れます。割とセンスのある編集だったので毎回このあらすじを流してほ…

武装神姫 第1話「大切なもの見つけました。」

神姫とは人間の補佐をするためにつくられた全高15センチのパートナー。知性と感情を備え、マスターである人間に尽くし仕える。その神姫に人々は思い思いの武器・装甲を装備させ、戦わせた。 名誉のため、強さの証明のため、あるいはただ勝利のために……。 マ…